松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » 映画ニュース »デトロイト・メタル・シティ海外記事訳

デトロイト・メタル・シティ海外記事訳  

TIFF'08 - Detroit Metal City
ちろさんが下さった海外情報をママさんが訳してくださいました!

9月5日(金)  11:59pm
8/26に発表されるTIFF(トロント映画祭)08の追加上映作品
デトロイトメタルシティ

ソーイチはオシャレでポップなミュージシャンになる夢とともに田舎から上京、お砂糖のようなラブバラードを歌い、チャートトップの人気者をめざしている。
しかし彼の人生は彼の思いとは裏腹に、思わぬ方向にころがり出す。
彼はマントをまとい、タイトな衣装を身に着け、悪魔のメイクを施し、悪名高き、DMCのメインキャラクターを演じることになる。
そしてソーイチはヨハネ・クラウザーⅡ世としてスバラシいギタープレイを見せ、「●害」や「レ●プ」などの野蛮な汚い言葉を吐き、嵐のようなステージをくりひろげる。そしてこのバンドとクラウザーは、マッドで破壊的なパフォーマンスで、地獄からきたバケモノとして多数の狂信的なファンを得ることになる。

さらに悪いことに、この気の進まないロッカーは、大学時代に人混みで出会った、憧れのアイカワさんに再会。彼女はオシャレな雑誌のポップ評論家となっている。

この後、まもなく彼は最悪の問題に直面する。スターダムのライバルバンドを敗北させた実力が評価され。DMCは日本のトップアーティストとしてデスメタルのアイコン、ジャック・イル・ダーク(KISSのジーン・シモンズが演じる)との決闘に挑むことになる。この戦いで、ソーイチは自分を本物のメタルキングとして自覚することとなる。

この映画は単なるメタルバンドをパロディしたコメディではなく、ソーイチを通じて、日本を席巻するファッショナブルなJ-POPのトレンドとそれに追随する者へ、「しょん●んかけて」一石を投じようとするものである。

トシオ・リー
大阪生まれ 東京の日大文学部で学び、デビュー作「おとうさんのバックドロップ」を監督するまで、テレビで広範囲の活躍していた。
DMCは彼の第二作。
関連記事
映画ニュースの関連記事

category: 映画ニュース

tb: 0   cm: 2

コメント

1文ぶっとばしました!

「この映画は単なる・・・」の文の前に下記の文が入ります!ごめんなさ~い!!

「DMCの原作は同名のキミノリ・ワカスギの日本の大ヒット漫画である。コミック初版の際には、あっという間に売り切れ「DNC難民」の言葉を生み出した逸話を持っている。」

ママ #- | URL
2008/08/17 00:59 | edit

GO TO TORONTO

素敵ですねぇ…映画祭に招待だなんて!しかもデトロイトに近~いトロントの映画松り。ジーンシモンズと再会出来たりするかも!

粋香 #- | URL
2008/08/14 01:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mtsuken.blog84.fc2.com/tb.php/1348-f9c077b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop