松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » インタビュー記事 »読売Y&Y 松山ケンイチさんの記事 

読売Y&Y 松山ケンイチさんの記事   

松山ケンイチさん(銭ゲバ) : インタビュー : Y&Yテレビ : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
img5404Np6lUj.jpg

投稿者:mayさま、文字お越し有難うございます!


役柄を通して学びたい

「金に復讐するような部分を(傷ついた)左目で、そうでない部分を右目で表現してる」
金のためなら犯罪も恐れない一方、真実の愛を誰よりも求める主人公・風太郎についてこう語る。

ドラマでは"善悪"の両面を描いていく。「演技の選択肢が多く、風太郎が悪にしか見えなかったら、終わりです」

世の中は不況のまっただ中で「風太郎みたいなキャラクターも確実にいると思う」と指摘するが、自分が実感できない情報には懐疑的だ。映画やドラマから学んだ部分も多いようだ。

「(見ることで)それまでの価値観がガラリと変わることがある。社会に翻弄されない、少し強い自分になる感じがするんです」

今回の作品を視聴者に、こう見てほしいという願望はない。「僕自身、ドラマを通して勉強していこうという気が満々です。風太郎を演じて、さまざまなことを感じていきたい」

作品ごとに演技の幅を広げている理由が、わかった気がした。


Q:故郷のご両親の顔が浮かぶのはどういうときですか?
A:いつも浮かんでいますね、ふとした時に。

Q:ストレス解消法は?
A:楽しもうと努力している自分がいるから、ストレス自体がないです。

Q:セリフはどのようにして覚えていますか?
A:方法はないですね。セリフは、最近は覚えていないです。

Q:2009年にやってみたいことは?
A:撮影です。撮影を楽しもうとしか思っていないです。

Q:苦手なものは?
A:辛いものです。
関連記事
インタビュー記事の関連記事

category: インタビュー記事

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop