松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » スポンサー広告 » 舞台挨拶レポート »カムイ外伝舞台挨拶レポート(筑紫野・キャナルシティ)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カムイ外伝舞台挨拶レポート(筑紫野・キャナルシティ)  

え~ 行ってきました。チケ発売日土曜日だったので仕事で取れず、松友さまに助けていただきました。有難うございます!


当日、8:40の電車に乗って。。と思ったら忘れ物をして乗り遅れ、9:00にJRに乗り込みました。
10:00過ぎに着いたので、イオンモールでブラブラしていました。引くくらいに広かったのでびびりました。そのうちに松友さんが揃ったので、皆でピエトロに行きました。

今回チケットがウルミラよりも取り易かった・・むしろ福岡完売してなかった・(;><)・
という話題になりました。都会の皆さんはどうだったんでしょうね。
(あとスモールスノー問題で公式のBBSに凸して入る方、カムイ外伝のコメ欄に凸している方のことを初めてききましたので、私も己のブログにばかりかまけてないで、外の世界を観に行こうと思いました。)

髭ケン私は苦手なんですが、その場にいた松友さんは別に気にしないむしろ( ・∀・)イイ!!と仰っていたので、そ、そうなのか!?需要があるのかー!!( ゚д゚)と思いました。


ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野
12:20の回上映終了後

松山ケンイチさんは「カムイ一筋」とかかれた白Tシャツに、グレー
?のスーツに茶色の革靴でした。

以下、言いまわしが違っていたり、松山ケンイチさんの「あのーーー」は全部入れていませんが、レポです。

松ケン「これは上映前ですか・・?上映前?」
(会場笑)
監督「そうだよ!そこで見てたじゃん!!」(客席後ろ付近)
松ケン「すいませんちょっとボケちゃって・・(ノ´∀`*)」

トロント映画祭ではいずなおとしがどよめきが起こっていたそうです。
非常に反応が良かったそうです。

質問コーナー
Q 撮影時間や構想にどのくらいの時間をかけたんですか?
監督・・・「40数年前、僕が少年時代に原作に出会ったときから映画を撮るというのは決まっていたんじゃないかと思っています。・・・引くなよ。」
(会場笑)

Q撮影が行われてないときも役に入り込んでましたか?
松ケン・・・「プライベートで役には入り込んでいない、オンとオフの切り替えはしていますが、
この作品ではオンとオフがうまくできなかった。体力的にも精神的にも崖っぷちでした。結構一人で過ごしていることが多かったです。
そういう部分はカムイに通じているものがあるかもしれません。
そういうギリギリな部分をお芝居に活かしてくれと監督には言われました。そこがカムイを演じる上で重要な部分になったのかもしれません」

松ケン「僕が色々考えちゃって、一人で隅っこにいたりしているのを監督は常に見ていてくれて、お前大丈夫か?と言ってくれることが多かったです。 砂浜で寝そべって寝ていたら監督に写真を撮られたりもしました。(笑)
監督との現場のやり取りはすごく僕にとっては支えになりました。監督じゃなかったら現場からふらっと失踪していたかもしれません。」

Q一番キモに残ったシーンは?
監督「カムイの冒頭の沼の戦いシーンです。あのシーンで松山ケンイチはぶつかってしまって怪我という残念なことになってしましたが、人として編集をしながら痛みもあったんですが、監督としては躊躇なくそのシーンを選びました。心が痛みながらも最良のものを求める、それは僕も松山ケンイチも仕事としての宿命だと思います。」

松ケン「最後の不動のシーンのくだりです。カムイの怒りや悲しみ、
不動が言っていることもすごくよく分かるし、カムイの矛盾というのか、誰も傷つけたくないのに傷つけたり、誰かを守るために結局また人を傷つけてしまったりとか・・・複雑な気持ちが流れていてすごく重要だと思いました。

出来上がったら僕の考えは変わって……、サヤカに月日貝を持っていくシーンでカムイがすごく親しみを込めて言っているんですよね。カムイってこういう表情するんだってすごくびっくりしました。
そこはかなり重要だったんじゃないかって僕は今ではそう思います。」

「この作品は僕にとってすごく思い入れが強い作品です。
アフレコも入れると2年半以上かかりました。長い時間関わった作品というのがありませんでしたし、事故もありまして、半年間中断させてしまったのも初めてだったんですけど、絶対カムイを演じきろうと夢を持ってやっていました。どうしても皆さんにみてもらいたかった作品なので、本当に嬉しいです。今まであまりみたことのない作品だったと思いますが、もし何か心に残ったものがあれば劇場を出てもいつまでも忘れずにいて欲しいです。」
ユナイテッド・シネマキャナルシティ13 その2
16:45の回上映開始前

松ケン「今日はとにかく積極的にたのしんで帰ってもらいたいと思います。僕から監督を紹介します」
監督「トロントはとても熱かったです。・・・天気じゃないぞ?
 ロッカーの真似したら滑りました」
松ケン「・・・」
監督「え?何お前」
松ケン「僕あんまりロッカーって分かんないんで」
監督「え?だってあんたDMCでしょう」
松ケン「あのー、あれはロッカーじゃなくてヘヴィメタルです」
監督「すみません、身内の仲間割れを見せてしまいました」
(会場笑)

松ケン「パンフレットを初めて見ました・・。面白いなーって思いながら見ていました」(手にパンフレットを持っている)・・・監督にこれから観る方たちにアドバイス的なことを教えていただきたんですけども」
監督「主演にこういうこと聞かれるのは初めてです。
ケンイチの縦横無尽な忍者のアクション・・・。でもこのアクションは彼の中ではカムイの心理とアクションは共にあります。そういうところを是非観ていただきたいです。
松山さんにちょっとききましょう。」
松ケン「ハイ。」
監督「どんな監督でした?」
松ケン「とても優しい監督でした。だけども、現場に入る前、雀監督の噂をとても聞いていて…、現場に行ったら八割が怒鳴り声でした。

だけど、やっぱり厳しいんですけどその厳しさには愛が詰まっていて、監督は全スタッフに目を配っていますし。僕ら役者にも誠意を持って、気をつかっていただいていました。まるで一家を支えるお母さんみたいな・・・暖かく包み込むようなそんな母性のようなものを監督に感じていました。
トロント映画祭である必殺技で笑いが起きたそうですが、すごくその話が不思議でした。あんまりそんなに笑うような映画じゃないんですが。そっかこういう見方もあるんだなと。まあ、自由に楽しんで、自分から映画に入りこむことで、この映画を普段の2倍3倍楽しんでもらえたら・・と思います」

監督「2部、3部と突き進みたいと思っています。松山ケンイチもそれを熱望しています。皆さんの力でもっともっと強くて、ためになる映画に育ててください。」

どちらも前から2列目で観たので、ドキドキして楽しかったです。
写真撮影のときは無言で横顔を凝視していましたが、さすが芸能人はどこから見ても顔が整っているな!!と改めて感動しました!((o(´∀`)o))
髪が黒いのもいいかんじですね!

カ・ッ・コ・イ・イ・ケン

映画の感想は下記に・・・
ネタバレあります。
私は原作未読で、メイキングも観らずに予備知識なしで映画を今回初めて観ました。

見終わった後松友さんが、
「なんで船のシーンで水が海面に触れているのに、色が変わってないのが気になる!!」とか
「サメが・・・・・orz」
「なんで最後カムイだけ毒入り水を飲まなかったんだろう」などと
冷静に言っていたので、私はただただホーーと観ていたので、成るほどと気づかされました。

松ケンが努力・苦労しただけあって、アクションはとてもかっこよいです。
CGと実写の境目も余り私は詳しくないので、さっぱり分かりませんでした。でも、アクションは荒唐無稽な感じなので、ロードオブザリング2でレゴラスがありえない角度から馬に乗ったシーンに度肝を抜かれたことを思い出しました。

途中から「あーでもこれはきっと原作に忠実なんだろうな」と薄ら思い、「実写じゃなくて、ある意味3Dアニメ的な感覚で観よう」と思ったらあまり気にならなくなりました。

俳優さんたちの芝居がうまくて魅力的だったので、それでどんどん映画には引き込まれて行きました。

ただ私は海が苦手で魚も苦手なせいかもしれませんが、
Σヾ(;☆ω☆)ノギャアアーー!!となる血のシーンもあるのでちょっと注意が必要だと思いました。
Hなシーンはないので、お子様でも大丈夫だと思います。

あと、鹿とか対決のときの鳥とかCGの動物演出は無かったほうが良かったんじゃないかと思いました。

一応松ケンのファンサイトなので、松ケンにクローズアップしていくと、まず

フンドシに釘付けになりました。
1にフンドシ、2にフンドシ、3、4がなくて5もフンドシ。
すべてはフンドシを大画面でみるため!
生き抜け!ラブレ菌!

何かがみえるの!?みえないの!?さっきんとこ巻き戻してええええええ!!!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)みたいなドキドキ感(←アホ)・・・いやいや、アクションの激しさにドキドキしたんでしょうな!きっと!!

あとカムイの手品に萌えました。鳩ボゥワーてwwwww 忍者の必須項目なんすか?趣味?

こんな感想しかなくてごめんなさい・・・。(;´∀`)

帰宅して録画していた特番を見たんですが、アクション練習中に映った松ケンのとび蹴りに惚れましたわ~。巻き戻ししましたわ~・・・・

元モデルで背は高いわー顔はいいわー身体能力もあるわー実家は青森だわーホリプロやしーで
もう天は二物どころかそれ以上与えているのか!?みたいな。

あと、一人で脳内で筋肉少女帯の「抜け忍」が勝手に流れて来ていて、大変でした。カムイ外伝はシリアスなのに!!シリアスなのに!!!

私の中のカムイテーマソングです。わざわざアップしたので、暇な人は聞いてみてください。
♪おれは~抜け忍なんだぜ~~

YouTube - 抜け忍 筋肉少女帯
関連記事
舞台挨拶レポートの関連記事

category: 舞台挨拶レポート

tag: 松山ケンイチ  松ケン 
tb: --   cm: 9

コメント

うけました!

松フリさま、いつもお世話になっております。
筋肉少女帯の「抜け忍」に爆笑しました!こんな曲があったんですね~
曲を聴きながらいつの間にか頭の中でクラウザーさんが砂浜を走ってる・・違う!抜け忍はカムイ!でも走ってるのはクラウザーさん・・ああ、やられました!そこにはリピートして聴いてる私がいるのでした(笑)

今「植物図鑑」という小説を読んでいます。主人公の男子はインパクトは強くないのですが、こういうフツーの役を松山さんが演じてくれたらいいなあと妄想しながら読んでます。キラキラゴージャス系でなくてすみません(笑)

ychan #- | URL
2009/09/23 02:17 | edit

お疲れっしたー

 レポ有り難うございました!面白かったです(^▽^)松フリ様が、監督にはほぼ興味がないのが良く解りましたワハハッ♪
 しかし、挨拶では、松山さんより監督の方がなんかハイな感じですね(笑)無事に公開できて、本当に嬉しいのですね。
 私も一昨日見て来ました!
 松友ズの皆さんが、冷静に映画を評価してらっしゃるのでスゴイと思いました。
 うん、でもね…鹿はともかく、「鳥」は必要なのですよ…白土漫画で育った人間には、白土絵に「鳥」は、必要なファクターなのです。一種の様式美みたいなもんなのです。
 ま、そうは言っても違和感があっては本来いけないハズなんですけどね~。
 ともかく、松山さんの役者としての幅がこれでまた深く広くなったのは間違いなく、
 私もまた心の新たな部分を松山さんに持って行かれました。どのシーンも表情も良かったよう~。すりすりしたい忍者でした。
 松フリ様ご希望のゴージャスケンも、いずれ現れると良いですね!
 その時にはどんだけ盛り上がることやらっ♪
今から、楽しみにしていまーす(^^)
  
 
 
 

ころりん #IjUZIPhA | URL
2009/09/22 23:59 | edit

似て非なるもの...雀(爆)!

こんにちは~★
いつもお世話になっております(*__)ペコリ
試写会全滅の私は初日にやっと観られました☆★☆

つっ込みどころが松フリさんと一緒です(;^_^A
(あ、驚きの手品シーンは原作にあるらしいですヨ)
でもカムイのアクションは想像以上で、ホントーーに
素晴らしくてカンドーでした(ノД`*)。*。゜ワーン
松ケンはやっぱりすごいですっ
好きにならずにいられませんよっっ(#゜Д゜)←何故怒る!?

最初に気になった所が2回目には気にならず。
既にまた観たくなっています((o(^-^)o))
カムイに限らず時代物は集客が難しいと思いますが
沢山の方に観て頂きたいです。
大画面であの褌を...違っ!あのアクションを!
全地域の松ケンファンが観られますように(-人-)チュンッチュン♪

ういろうでグッジョブ! #vyOXLB1w | URL
2009/09/22 12:47 | edit

ぷぷぷ

松フリさま~~
すずめ(雀)監督なんて、あんまりじゃないですか~~!!
ウケました! カワイイです。

筋肉少女帯の「抜け忍」、いいですね~!
初めて聞きました。こんな雰囲気のがエンディングでながれても、なんか良さげなカンジですね~。2部はこの方に歌って欲しいわ。

くろすけ #MgIxvhDQ | URL
2009/09/22 08:24 | edit

松フリさま、
いつもお世話になります。
ありがとうございます。

ふたつの舞台挨拶、
贅沢ですねー!!
ンで、松フリさまのレポ、面白いです、
コメント欄まで含めて(笑)
スルーして読んでいたのに(笑)
気付かなかったのに(笑)
いつもリンク張っていただいているので、
今回はこっちへ張っちゃおうという、
にはは、よろしくお願いします。
とっても楽しいレポ、ありがとうございました。
竜也さんとでなくても漫才コンビ、
成立しそうじゃん、みたいな・・(*^:^*)
筋肉少女帯、わろた~♪

樹 #- | URL
2009/09/22 05:31 | edit

フンドシ

私もものすごいフンドシに釘づけになりました!特に映画2回目、3回目だったから、じっくりみてしまって・・・。
映画見終わって、松友さんと話したら皆そうだったみたいでー。
「吉人役の金井勇太さんはフンドシの前の布がペラペラめくれてしまっていたけど、さすがに松ケンはめくれてなかった」って言ったら「そうそう」ってみんな同じとこ見てて安心しました!

まっけん #87NfsJeQ | URL
2009/09/22 00:58 | edit

Re: タイトルなし

> 私の一番の驚きは「監督の名前って、、、すずめ(雀)?」って聞かれたときです~
> 上↑でも普通に使ってるし。。。どんだけインタビュー見てないんですか!!!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
あー今ググッたら 崔かあーー!恥ずーーーーーーーーーー(;´∀`)
雀と崔って似てません??読めないよー・・・

>
> 「カムイもいいんだけど、泥だらけ(砂まみれ?)になるから、、、自分としてはキラキラゴージャスな映画に出て欲しい☆」とのたまわれた松フリさまが一番印象に残っております。。。

ふふふ。だってーーーいつも癖がある役ばっかりなんですもん・・・
たまには正統派イケメンとして出現してほしい・・・なんて・・(;><)

家帰って録画していたメイキング見て、もう一回映画みたくなりました~ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

松フリ管理人 #- | URL
2009/09/22 00:55 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2009/09/22 00:08 | edit

松フリさま
早速のレポアップお疲れさまっす♪
きっとあげてくれると信じて何もせずに(←!)待ってました!
私の一番の驚きは「監督の名前って、、、すずめ(雀)?」って聞かれたときです~
上↑でも普通に使ってるし。。。どんだけインタビュー見てないんですか!!!

「カムイもいいんだけど、泥だらけ(砂まみれ?)になるから、、、自分としてはキラキラゴージャスな映画に出て欲しい☆」とのたまわれた松フリさまが一番印象に残っております。。。

或る松ケンファン様 #AkT6zNNU | URL
2009/09/21 23:57 | edit

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。