松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » スポンサー広告 » インタビュー記事 »映画「ノルウェイの森」 ワタナベ役 松山ケンイチ(25) 観客も一緒に大恋愛を追体験

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

映画「ノルウェイの森」 ワタナベ役 松山ケンイチ(25) 観客も一緒に大恋愛を追体験   

tnr1012030758002-p1.jpg

村上春樹氏の世界的ベストセラー小説を映画化した「ノルウェイの森」(トラン・アン・ユン監督)が、11日から全国公開される。主要キャスト4人とトラン監督へのインタビューで、作品の魅力に迫る。

 撮影に入る前、松山ケンイチはトラン監督から「君はこれから大恋愛を経験する」と言われた。

 「これは、ワタナベという少年が大人に成長するまでを描いた物語。監督の言う通り、僕もワタナベの大恋愛を追体験して、大人になった気がする」と松山。

 原作を読んだのは、出演が決まってから。「生と死、そして愛することについて書かれている作品だけど、性描写などの表面的な部分にばかり目がいってしまい、理解できなかった」

 ワタナベという人物は「自殺した親友の恋人」である直子に、どう接するのか。確信を持てないまま、撮影は始まった。そして、冬の療養所でワタナベが直子に「よかったら一緒に暮らさないか」という場面の撮影中に、松山の中で物語がふいに焦点を結んだ。

 「ワタナベがすごく力んで直子に接しているのが分かったんです」

 それは後半で、彼が緑に言う「人としての責任みたいなものがあって、それを簡単にほうり出すわけにはいかない。たとえ彼女が僕を愛していなくても」というセリフにつながる気持ちの流れだった。

 「それから後は、どんどんワタナベを理解できた」
映画「ノルウェイの森」 ワタナベ役 松山ケンイチ(25) 観客も一緒に大恋愛を追体験 (1/3ページ) - MSN産経ニュース
関連記事
インタビュー記事の関連記事

category: インタビュー記事

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。