松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » スポンサー広告 » 松山ケンイチニュース »松山ケンイチを筆頭に、若手演技派と呼ばれる俳優事情

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

松山ケンイチを筆頭に、若手演技派と呼ばれる俳優事情  

8月20日に公開となる「うさぎドロップ」に主演する松山ケンイチ。本年度、彼は同作以外にも、「GANTZ」前後編2部作、「マイ・バック・ページ」に主演し、2012年も主演作「僕達急行 A列車で行こう」のほか、NHK大河ドラマ「平清盛」への主演が決まっている。そう、彼は同世代の若手演技派俳優の筆頭株といっていだろう。

では、松山ケンイチのどういった部分が魅力で、今の若手演技派俳優は昔とどう変わってきたのか、関係者に聞いてみた。まず、マツケンの魅力について、「うさぎドロップ」のプロデューサーはこう話す。

「同作の主人公ダイキチ役に松山さんを起用した理由は、無骨で不器用な彼の雰囲気が、シャイで優しいというダイキチのキャラクターとあっていたからです。また、彼の魅力は、どの時代の、どのようなキャラクターも演じられるという演技力はもちろんですが、芯がしっかりし、ぶれないところでしょうね。それに、スクリーンの大画面が似合う役者だと思います。テレビのモニタではなく、映画のスクリーンではえる芝居ができる。それゆえ、映画業界から引っ張りだこの存在なのではないでしょうか

松山ケンイチを筆頭に、若手演技派と呼ばれる俳優事情/トレンドガイド : 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル
関連記事
松山ケンイチニュースの関連記事

category: 松山ケンイチニュース

tag: 松山ケンイチ 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。