松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » スポンサー広告 » 松山ケンイチニュース »アニメ・コミックの実写化でよかった映画ランキング

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アニメ・コミックの実写化でよかった映画ランキング  

アニメ・コミックの実写化でよかった映画ランキング - 政治・社会 - ZAKZAK

ランキングで堂々1位に輝いたのは《デスノート》。主役・夜神月を演じた藤原竜也や緻密で精巧な死神のCGの評価もさることながら、ライトの宿敵で頭脳明晰な探偵・L(エル)を演じた松山ケンイチに注目が集まりました。原作を読んで感じた「Lの人間関係で欠落したものとその心情」を意識して役作りをしたそうで、その演技は見事にはまり、本作で松山ケンイチのファンが一気に増えたとも言われています。その後、Lを主人公にした『L change the WorLd』が制作されたことからも評価の高さをうかがえますね。7位の《GANTZ》では二宮和也と共に激しいアクションを見せ、11位の《デトロイト・メタル・シティ》では気弱で気持ち悪いとまで言われる主人公も熱演し、変幻自在なその演技力で「カメレオン俳優」とも呼ばれるようになりました。

DEATH NOTE デスノート ‐5th Anniversary Blu-ray Box‐
DEATH NOTE デスノート ‐5th Anniversary Blu-ray Box‐
関連記事
松山ケンイチニュースの関連記事

category: 松山ケンイチニュース

tag: 松山ケンイチ 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。