松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » スポンサー広告 » 映画 »映画「春を背負って」松山ケンイチさん主演情報

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

映画「春を背負って」松山ケンイチさん主演情報  

『春を背負って』の番外編が読める! 笹本稜平書き下ろし新作を無料公開
映画『春を背負って』は2014年6月14日より全国東宝系にて公開
映画『春を背負って』公式サイト
原作は、小説家・笹本稜平の同名小説。
春を背負って
春を背負って
春を背負って オリジナルサウンドトラック
春を背負って オリジナルサウンドトラック

木村大作監督、映画公開に思わずホロリ…松山ケンイチはその姿に「悔しいけど感動」
木村大作が手掛けた監督第2作『春を背負って』の初日舞台挨拶が6月14日にTOHOシネマズ日劇にて開催され、松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、新井浩文、木村監督が登壇。初日に集まった観客を前に「今日は本当にありがとうございます」と感激のあまり声を震わせた木村監督。松山も「悔しいですが、感動します!」、蒼井も「この方に付いてきて良かった」と日本映画界の重鎮の涙に胸を熱くした。
中日スポーツ:「長友頑張れ!」松山ケンイチ 「春を背負って」 初日舞台あいさつ:芸能・社会(CHUNICHI Web)
蒼井優も見た!松山ケンイチが、冬山で豊川悦司を担ぐ壮絶なシーン!! | ニュースウォーカー
松山ケンイチと蒼井優が語る、木村大作監督から教わった大切なこと | ニュースウォーカー
松山ケンイチ&蒼井優、いっぱいいっぱいだった山岳ロケ撮影秘話を明かす! - シネマトゥデイ
東京新聞:演技しないよう意識 映画「春を背負って」主演 松山ケンイチ:放送芸能(TOKYO Web)
いま二十九歳。既にNHK大河ドラマの主役も務め、頂点を極めた感もあるが、「すばらしい仕事をしたが、それで主役しかできなくなるのはいや。自分が何をしたいか、一つ一つ、地に足をつけて考えたい」と話す。意外なようだが、あがり症。人前で演じるのに緊張し、向いていないと思うことも多いのだとか。「それでも、役を通して、見ている方の心を動かせる役者でありたい」と願う。

 二児の父として、オフは子育てを楽しむ。「子どもが言うことを聞かなくて、『ダメ』と言ったあとで、『自分が楽したいだけじゃないのか』って自問自答したり。子育ては勉強ですね」。役者として経験を重ね成長することも、子どもたちにいい影響があると考えている。「新しいことにどんどん挑戦していきたい。登山も続けたいし、いずれ子どもたちも連れていきたいですね」
蒼井優は「ウラのウラがある」「非常に攻撃性が高い」 「ホンマでっか!?TV」で評論家が指摘しスタジオがどよめく - ライブドアニュース
この日放送の同番組では、「ホンマでっか!?付き添い人生相談」のコーナーで、蒼井と俳優の松山ケンイチが登場し「松山が凄く感化されやすいので気になっている」という蒼井の相談を、スタジオに集まった評論家らがアドバイスをした。

蒼井は、松山がテレビドラマ「半沢直樹」を見た後に芝居が変わってしまい、結果、後日撮影し直したというほどの激変っぷりを見せてしまったと訴えた。

これに対し評論家からは、感化されることに対して「実は頭が良い」「実は複数のことを同時にこなせる」「感化されることで大きな成長につながる」と肯定的な意見を発し、今のままでいいのではないかという結論に達した。

松山ケンイチ×蒼井優『春を背負って』で見つめた名匠・木村大作の“背中”|ニュース@ぴあ映画生活

「春を背負って」富山凱旋プレミア レッドカーペットに県民2513人が集合! - Ameba News [アメーバニュース]
松ケン、反省 ベースキャンプで夜更かし「怒られちゃった」 : 芸能 : スポーツ報知

熱烈歓迎に感激!“トヤマ”ケンイチ&“トヤマ”悦司に改名!? (1/2ページ) - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
俳優の松山ケンイチ(29)、豊川悦司(52)、女優の蒼井優(28)が映画「春を背負って」(木村大作監督、14日公開)のロケ地である富山・立山連峰を訪れた。

 標高2400メートル、気温は約10度。撮影の拠点として宿泊していた山小屋「雷鳥荘」周辺は、まだ一面雪景色。大自然に囲まれた松山は「ここに来ると、地上のことを忘れて本当に“裸”になれる」としみじみ。蒼井は久々の登山にも疲れを見せず、「やっぱり山は気持ちいい」とご満悦だ。

 8日には富山県庁前で凱旋イベントを行い、2500人以上が集まる熱烈歓迎に豊川は「明日(9日)から“トヤマ悦司”にします」と改名宣言? 松山も「僕も“トヤマケンイチ”に」と続けて、歓声を浴びた。

松ケン&トヨエツが「富山」姓に改名宣言!『春を背負って』富山プレミアに2,500人が集結! - シネマトゥデイ

あふれんばかりの観客を前にした松山は「数百人くらいを目標にすると聞いていたので、本当にうれしいです。皆さんのパワーに圧倒され、こちらがエネルギーを頂いた気持ちになりました」と県民の歓迎ぶりに感激もひとしおの様子。蒼井は「この映画は自分の居場所を探す姿を描いた作品ですが、わたしたちにとっても大汝、立山は特別な場所になりました。わたしたちを快く受け入れて下さった皆さん、本当にありがとうございました」と満面の笑顔で感謝の言葉を述べた。
『春を背負って』キャスト陣、木村大作監督と再び立山連峰へ!本物を撮る魅力を語る! - シネマトゥデイ
松ケン、地上300メートルで会見「珍しい場所で新鮮」 - 芸能 - 最新ニュース一覧 - 楽天WOMAN

俳優の松山ケンイチ(29)と名カメラマンとして知られる木村大作氏(74)が4日、高さ日本一のビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の屋上ヘリポートで、木村氏がメガホンを取った映画「春を背負って」(14日公開)の取材会に登場した。
 標高3000メートル超の富山・立山連峰で撮影した山岳映画にちなみ地上300メートルでの会見で、松ケンは「珍しい場所で新鮮ですね」と笑顔。一方、木村氏は雨がパラつく、あいにくの空模様とあって「何にも景色が見えねえ」「風が強え」などと“大作節”をサク裂させて笑わせた。


松ケン「ビックリ」ハルカス屋上から映画「春を背負って」のPR  - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
松山ケンイチ 高所好きを告白/芸能速報/デイリースポーツ online

得意分野で勝負しなきゃ [日曜インタビュー] - 大阪日日新聞

春を背負って - 西日本新聞

映画「春を背負って」公開先駆けパネル展 高志の国文学館   :北日本新聞ウェブ[webun]
立山一帯など県内各地でロケを行った映画「春を背負って」の場面写真などを集めたパネル展が5日、富山市舟橋南町の高志(こし)の国(くに)文学館で始まった。14日の公開に先駆けて映画の世界に浸ることができる。7月21日まで。


木村大作監督 再び山岳映画に挑む NHKニュース
得意分野で勝負しなきゃ 映画「春を背負って」 監督木村大作
幸い、主演の松山ケンイチ君をはじめ俳優のみなさんは「剱岳」の噂(うわさ)は聞いていたようで「覚悟」して臨んでくれたし、「怖かったけど、ここまで来て撮影できて本当に良かった」と感動していた。松山君は「剱岳」の後に予定していた「孤高の人」(新田次郎原作)に出てもらうつもりが流れたので「満を持して」ということになったのかもしれない。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/sundayint/140601/20140601050.html

山崎まさよし、映画『春を背負って』主題歌MVを映画舞台の立山連峰で撮影
http://www.barks.jp/news/?id=1000104148

松山ケンイチ×蒼井優で山を舞台に男の成長描く、木村大作監督最新作『春を背負って』 - movieニュース : CINRA.NET
松山ケンイチ 寒い、汗ダラダラ、膝ガクガク「だからこそ説得力がある」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

俳優の松山ケンイチ(29)が13日、都内で主演映画「春を背負って」(監督木村大作、6月14日公開)の完成披露会見に出席した。

 山小屋を舞台に家族の絆を描く物語で、標高3000メートル超の富山・立山連峰でロケを敢行。松山は登山を振り返り「寒いし、汗は止まらないし、膝はガクガク。でも、それを体験したからこその説得力がある」と強調した。

松山ケンイチ、蒼井優を「男みたい。部活の仲間みたいな感じ」 - Ameba News [アメーバニュース]

松山ケンイチ「家族みたい」立山の山小屋ロケで一体感:芸能:スポーツ報知
松山ケンイチ「今まで見たことがない自分が映っていた」 蒼井優「自身の居場所はまだ分からない」│Daily News│Billboard JAPAN
オリコンスタイル - 鹿児島のニュース | 南日本新聞

<山崎まさよし>映画「春を背負って」で主題歌担当 主演の松ケン「心にしみた」 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース
今年デビュー20周年を迎えるシンガー・ソングライターの山崎まさよしさんが、立山連峰での大規模ロケで撮影された松山ケンイチさん主演の映画「春を背負って」(6月14日公開・木村大作監督)の主題歌を担当することが25日、明らかになった。主題歌「心の手紙」は映画同様に「自分の居場所」がテーマというバラード曲で、主演の松山さんは「山崎さんが撮影現場に一緒にいらっしゃったと思えるような楽曲で心にしみました」と語っている。
春を背負っての予告編・動画「特報」 - 映画.com

圧巻の自然美と心温まる笑顔でつづる木村大作監督「春を背負って」特報公開 (映画.com) - Yahoo!ニュース

 笹本稜平氏の同名小説をもとに、山小屋を営む家族とそこに集う人々の力強い生き方と温かな交流を描き出す人間ドラマ。初監督作「劔岳 点の記」(2009)が興行収入25億8000万円の大ヒットを記録した木村監督が、「最初で最後の監督業」という引退宣言を撤回して臨んだ。主演の松山ケンイチを筆頭に、蒼井優、檀ふみ、小林薫、豊川悦司らが結集。約7カ月間にわたる撮影では、立山連峰などで大規模なロケが敢行された。

 撮影現場に響き渡る木村監督の「用意、スタート」という合図で幕を開ける特報では、切り立った山肌や雄大な自然に目を見張るばかり。険しい山々がみせる息をのむような美しさを背景に、山で暮らす人々の温かい笑顔が映し出され、「自分の居場所を求めて――」というメッセージが胸に迫る仕上がりになっている。

 特報映像とともにお披露目されたポスターでは、布団が並べられた山小屋の屋根と、奥に広がる雲をまとった尾根の対比が印象的。青く澄んだ空とごつごつとした岩に囲まれるなか、赤銅色の屋根は人々の心のよりどころであることを象徴するかのごとく、存在感を放っている。

 立山連峰で山小屋「菫(すみれ)小屋」で育った長嶺亨(松山)は、厳格な父・勇夫(小林)に反発し一度は上京したが、父が他界したために帰郷する。そこで、気丈に振舞う母・菫(檀)や、山小屋で働く高澤愛(蒼井)、沈痛な面持ちで見守る山の仲間たちと触れ合ううちに、父が抱いていた思いに気づき、都会での生活を捨て山小屋を継ぐことを決意する。

松山ケンイチ&蒼井優『春を背負って』クランクアップ!木村大作監督第2作 - シネマトゥデイ
[シネマトゥデイ映画ニュース] 日本映画界を代表する名カメラマン・木村大作の第2作目となる監督作品『春を背負って』が28日、クランクアップを迎え、会見に松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、新井浩文ら主要キャストが登場した。富山・立山連峰での過酷なロケを中心に、約7か月間に及ぶ撮影を終えた木村監督は「雪で埋まった山小屋を掘り起こし、自分たちで自炊をしながら撮りました。素晴らしい大自然と素晴らしい俳優を僕が撮っている。とてもいい映画です」と手応えを語った。
01-560x600.jpg

木村大作監督「春を背負って」万感のクランクアップ 松山ケンイチ「最高の現場」 : 映画ニュース - 映画.com
木村監督と初タッグとなった松山は、「やっぱり木村監督は最高でした。いい勉強をさせてもらいました。過酷な撮影でしたが、皆さんに支えられて乗り切ることができた。自分でも手ごたえを感じている」とニッコリ。ベテラン豊川も、「木村大作監督以下、本当にチームワークが素晴らしかった。久しぶりに本物の映画の魂、本物の映画の現場に触れることができました」とうなった。

撮影中に過酷だったことについては、松山が「山小屋から人を担いで降りるシーンがあって、雪道がきつかった。また、崖を降りるシーンには本当に叫んでしまった。見た瞬間、『いや、無理でしょう』と思った」と吐露。蒼井は、「初回の登山もきつかったですが、雪に埋もれている山小屋での暮らしだったので、カビの影響もあって喘息になってしまった」と明かし、標高3015メートルの大汝山での往復10時間という道程を振り返った。

松山ケンイチ「言えないことばかり」 - シネマニュース : nikkansports.com
木村大作監督「春を背負って」万感のクランクアップ 松山ケンイチ「最高の現場」 - Ameba News [アメーバニュース]
「言えないことばかり」松ケン、蒼井優ら罰ゲームで“告白タイム” ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
中日新聞:立山ロケ「天候と勝負」 木村監督新作「春を背負って」:北陸発:北陸中日新聞から(CHUNICHI Web)

KNB NEWS|KNB WEB
木村監督「春を背負って」立山ロケ

「春を背負って」撮影中の木村監督が講演 : 富山 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
「素晴らしい映画になる」 木村監督、講演でアピール:北日本新聞ウェブ[webun]


春を背負って 6月27日の撮影 - 錆と油のくず鉄日記 - Yahoo!ブログ
春を背負って - 錆と油のくず鉄日記 - Yahoo!ブログ
松山ケンイチさんのことにもふれてあります。
ノンキさんお知らせいただき有難うございます。
映画「春を背負って」 県内ロケ本格化:北日本新聞ウェブ[webun]

 立山連峰の山小屋を舞台にした木村大作監督の映画「春を背負って」の県内ロケが本格化している。主演の松山ケンイチやヒロイン役の蒼井優ら出演者が連日撮影に臨んでいる。前作「劔岳 点の記」に続き、美しくも厳しい大自然を相手にロケを進める木村監督は「過酷な状況に耐え、いい映画を作りたい」と意気込んでいる。(文化部次長・室井秀峰)

 映画は、父親の死をきっかけに山小屋を継いだ長嶺亨(松山)が、人生の居場所を求めて山小屋に集まった人たちとの交流を通し、力強く生きる姿を描く。原作は作家、笹本稜平さんの同名小説だ。





映画『春を背負って』公式サイト
春を背負って
春を背負って
松山ケンイチ、木村大作監督作『春を背負って』で主演! ヒロインは蒼井優 (マイナビニュース) - Yahoo!ニュース

俳優の松山ケンイチが、日本を代表するカメラマン・木村大作の監督作『春を背負って』(2014年6月公開)で主演を務め、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、小林薫らが出演することが3日、明らかになった。


父の訃報をきっかけに脱サラし、立山連峰にある父の菫(すみれ)小屋を継いだ長嶺亨と、そこに集うさまざまな人の力強い生き方と温かな交流を描いた。松山は主人公の亨、父・勇夫を小林薫が演じる。また、勇夫の妻には檀ふみ、悲しみに耐えて山小屋で働く高澤愛役には蒼井優、父の友人を名乗る不思議な山男役には豊川悦司といった豪華キャスト陣が名を連ねる。

主演の松山は、木村監督と冬山の登山をした後にクランクイン。「山に一緒に登って良かったと思う事は監督とたくさんコミュニケーションをとれた事です」と振り返り、「監督の作品、演技に対する気持ちを知る事ができたのは一番の役作りになったと思います」と貴重な時間となったようだ。一方の蒼井は、「久しぶりの過酷なロケになりそうで、今からわくわくしています」と胸の高鳴りを伝え、「木村さんの振られるタクトに集中し、信じ、見逃さず、生還したいと思います」と意気込んでいた。

また、豊川は「大自然の中で、自分が感じた事を、そのまま役に託して、観客のみなさんにお伝えできればいいなと」、檀ふみは「みなさまの足手まといにならぬよう、スクワットで足腰を鍛え、その日を待っております」とベテラン役者らしいコメント。出演決定後、木村監督の前作『劒岳 点の記』のメイキングを見たという小林は、「正直これ大変だなぁって、まあ笑うしかないですね」と過酷なロケを想像しながら、「役者は言われたことをやるしかないので、監督に付いて行くだけ、気楽って言えば気楽です」と語っていた。

松ケン スタッフ背負って映画「春を背負って」の役作り (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

松ケン、決死の雪山ロケ演習 強風の八ケ岳山頂に到達 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
松ケン&蒼井優、標高3015メートル過酷ロケ (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース
関連記事
映画の関連記事

category: 映画

tag: 松山ケンイチ  映画  松ケン 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。