松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » ドラマ »ドラマスペシャル「オリンピックの身代金」情報松山ケンイチさん出演

ドラマスペシャル「オリンピックの身代金」情報松山ケンイチさん出演  

「オリンピックの身代金」試写会に主演・竹野内豊らが登場! (webザテレビジョン) - Yahoo!ニュース

テレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル『オリンピックの身代金』公式サイト http://www.tv-asahi.co.jp/drama-olympic/
オリンピックの身代金
オリンピックの身代金
松山ケンイチ 五輪ドラマ映画化熱望/芸能速報/デイリースポーツ online
1964年の東京五輪を舞台にした人間ドラマには、主演の竹野内を始め、女優の黒木メイサ(25)らキャスト95人、エキストラ3058人が登場。国内外70カ所、2カ月半をかけ撮影した大がかりなドラマに松山は、「キャストが豪華で最高の作品。このドラマが映画になったら1800円で見ていただきたい」と猛アピールした。

[松山ケンイチ]竹野内豊の醸し出す空気感に感動「別の生き物」 | マイナビニュース

【新聞にかけなかったウラ名言集】松山ケンイチ「竹野内さんは人間じゃないというか…」+(1/3ページ) - MSN産経ニュース

映画超えるスケール!竹野内VS松ケンら超豪華“東京五輪”サスペンス - 画像1 : 映画ニュース - 映画.com


松山ケンイチ絶賛! “心が震える”竹野内豊主演作 | webザテレビジョン: エンターテインメントニュース
松山は「最初に台本を見たときに、心が震える内容でしたし、素晴らしいと思いました。一番印象的なのは、キャストの豪華さ。どのシーンにも主役級の役者さんがいるところです。こういう作品は今まで見たことがないですし、自分もその中に入れたことを幸せに思っています。今回は、自分を引っ張っていってくれた笹野さんとのシーンを中心に、いろんな方と少しずつ一緒に演じるシーンがありました。そんな1シーンごとの出会いは自分にとって、大きかったです。特に、初共演となる泉谷さんとの出会いは衝撃的でした(笑)。笹野さんと泉谷さんの話を聞いているだけで、本当に面白かったですね」と先輩俳優と共演した感想を述べた。
放送日時が決定!テレビ朝日開局55周年記念ドラマ『オリンピックの身代金』
11/30・12/1の2夜連続21時〜

関連動画



竹之内豊、天海祐希、唐沢寿明……テレ朝ドラマ『オリンピックの身代金』が前代未聞の“研音祭り”に!
この秋放送のテレビ朝日開局55周年を記念して作られるドラマ『オリンピックの身代金』のキャストが大変なことになっていると、テレビ局関係者の間で話題だ。
「なかなかキャストを見て驚くことってないんですが、今回はさすがにビックリしましたね。主演は竹野内豊さんなのですが、その後に続く名前が天海祐希さんに唐沢寿明さん、江角マキコさん、沢村一樹さん、速水もこみちさん、市川由衣さんと研音の俳優さんばかりなんです」(芸能事務所関係者)
 これまでも、連ドラなどで主演俳優の“バーター”で若手俳優が出演するというのはあったが、ここまで特定の事務所の俳優が名前を連ねるというのは珍しいそうだ。
「この作品は、東京オリンピック開催を目前に控えている中、警察幹部宅と警察学校を狙った連続爆破事件が発生して、五輪開催を妨害するという話で、原作ではその爆破事件の犯人が主人公ですが、テレビ的にまずいということで、それを追いかける刑事が主人公になりました。その犯人役は松山ケンイチさんが演じますが、当初は、研音から『うちの松田翔太で』という話だったそうです。それだと主要キャストが全員、研音になってしまうので、テレ朝もさすがに断ったそうですよ」(テレビ局関係者)

黒木メイサ:「愛する人のため」に共感 竹野内&松ケンSPドラマでヒロインに- 毎日jp(毎日新聞)
今秋放送「オリンピックの身代金」のヒロインに黒木メイサ! その他“五輪代表級”の豪華キャストが判明!!- 最新ニュース|MSN トピックス
ドラマは、「空中ブランコ」「ガール」などで知られる奥田さんが2008年に発表し、「第43回吉川英治文学賞」を受賞した小説が原作。1964年の東京。敗戦からの経済復興を世界に示す一大イベント「オリンピック」開催を目前に控え、熱狂に包まれる中、警察幹部宅や外務省などを狙った事件が発生し、一通の脅迫状が警視庁に届く。国家の名誉、警察の威信をかけた極秘大捜査の末、容疑者として浮かび上がったのは、名もなき一人の学生だった……というストーリー。テレビ朝日開局55周年を記念し制作され、今秋2夜連続で放送される。


出版直後に小説を読み、映像化されるなら島崎を演じてみたいと思っていたという松山さんは「人は表面的に話すことや表現することと、内側に抱いていることが必ずしも一致するわけではないと思います。島崎という役柄は特にそういう部分が強いと思ったので、悲しみや喜び、怒りといった感情をできるだけ抑え、表に出さないよう演じることを意識しました」とコメント。
.

 さらに「竹野内さんのおかげで、対立関係にあるはずの落合と島崎の間にある“つながり”をキッチリと表現できたと思います。『オリンピックの身代金』は、そんな竹野内さんをはじめとする素晴らしいキャストやスタッフとともに作り上げた“今しかできない作品”。ぜひご覧いただきたいです」と自信を見せている。(毎日新聞デジタル)

直木賞作家・奥田英朗さんの小説「オリンピックの身代金」が今秋、テレビ朝日でスペシャルドラマ化され、俳優の竹野内豊さんと松山ケンイチさんが初共演することが24日、明らかになった。1964年の東京オリンピック開催を巡るサスペンスで、竹野内さんは冷静な捜査力で事件の真相を執拗(しつよう)に追う刑事・落合昌夫、松山さんは数々の事件の容疑者として警察に追われる貧しき大学院生・島崎国男を演じる。

竹野内×松ケン東京五輪テロ!テレ朝55周年ドラマで初共演 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

竹野内豊&松ケンドラマ、50カ所でロケ敢行 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

<オリンピックの身代金>奥田英朗の傑作サスペンス 竹野内&松ケン初共演で今秋ドラマ化 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

オリンピックの身代金オリンピックの身代金
(2008/11/28)
奥田 英朗

商品詳細を見る
関連記事
ドラマの関連記事

category: ドラマ

tag: 松山ケンイチ  松ケン 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop