松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » スポンサー広告 » 映画 »映画「珍遊記」情報 松山ケンイチ主演

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

映画「珍遊記」情報 松山ケンイチ主演  

松山ケンイチ主演「珍遊記」、マキシマム ザ ホルモンの楽曲がバトルソングに決定 - 映画ナタリー
松山ケンイチ主演作「珍遊記」のバトルシーンで、マキシマム ザ ホルモンの楽曲が使用されることが決定。メンバーのマキシマムザ亮君よりコメントが到着した。

「珍遊記」 (c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
「珍遊記」 (c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

「珍遊記」は1990年より週刊少年ジャンプで連載された、漫☆画太郎のマンガ「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」の実写版。天下の不良少年・山田太郎が、坊主の玄奘らとともに天竺を目指しながら次々と騒動を巻き起こす。山田太郎役を松山、玄奘役を倉科カナが演じている。「地獄甲子園」の山口雄大がメガホンを取った。

このたび「珍遊記」のバトルシーンで使用されるのは、「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」と「ジョニー鉄パイプIII」の2曲。マキシマム ザ ホルモンが、昨年11月にリリースした映像作品集「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」の付録CDアルバム「耳噛じる 真打」の収録曲だ。コメントを発表したマキシマムザ亮君が作詞作曲を手がけている。マキシマムザ亮君は小学校の卒業アルバムに、マンガ「珍遊記」の主人公・太郎のイラストを描いたほどの大ファン。過去にリリースしたCDのジャケットにも、漫☆画太郎のイラストが何度も登場している。
「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」(DVD3枚+BD+CD)
「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」(DVD3枚+BD+CD)マキシマム ザ ホルモン

バップ 2015-11-18
売り上げランキング : 119


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



珍遊記 太郎とゆかいな仲間たち コミック 全4巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)
珍遊記 太郎とゆかいな仲間たち コミック 全4巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)
松山ケンイチのニュース - 倉科カナも丸刈りに!?実写版『珍遊記』爆笑キャラ一挙公開 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
女優の倉科カナが、実写版『珍遊記』(2月27日公開)で、松山ケンイチがほぼ全裸で演じる山田太郎を従えて天竺を目指す坊主・玄奘(げんじょう)を演じていることが25日、発表された。倉科は完成した映画を観て「なんてハレンチなセリフを言っていたんだろう? 隣には真ッ裸の松山ケンイチさん……それが当り前の現場。やはりすごい作品に参加してしまった」とコメントしている。

斉藤工、主役断り再ブレークの機会逃す? 松ケン主演・実写版『珍遊記』舞台裏 - BIGLOBEニュース
 1990年から「週刊少年ジャンプ」で連載された漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」が、松山ケンイチ主演でまさかの実写映画化されることになった。

 公開は来年2月27日。同作は坊主頭にパンツ一丁という主人公「山田太郎」の珍道中を描いたものだが、時には片乳を出したお婆さんや、巨大なウ○コが登場する理解不能な要素を併せ持つ。

 これまで松ケンは「デトロイト・メタル・シティ」のヨハネ・クラウザーII世や「デスノート」のLなど個性派を好演。今回も強烈キャラの「山田太郎」をどう演じるか見ものだが、実は松ケンは"ある俳優"の代役だったいう。

「斎藤工さんです。制作サイドが1番最初にオファーを出したのは斎藤さんで、断られたため松山さんにお鉢が回ってきたんです」(映画関係者)

 "壁ドン太"の異名を持つ二枚目俳優の斎藤に真っ先にオファーをかけるとは制作サイドも無謀だが、関係者によると「斎藤さんは売れない時代にB級、いやC級映画にも出ている。だからイケると思ったのですが......。結局、事務所サイドに断られてしまったようです」(同)。

松山ケンイチ、なぜ『珍遊記』主人公に? 漫画原作映画との相性を考察|Real Sound|リアルサウンド 映画部


『デスノート』『デトロイト・メタル・シティー』『銭ゲバ』『ど根性ガエル』と、人気漫画原作の映画で、個性的なキャラクターの数々を演じてきた松山ケンイチ。そんな松山が、漫☆画太郎原作の人気漫画を実写化した映画『珍遊記』の主人公“山田太郎”を演じることが決定し、パンツ一丁という刺激的なビジュアルとともに、大きな話題となっている。

 実写化するのが困難とされた作品でも、再現度の高い松山ケンイチの演技はこれまでも好評を得てきた。なぜ彼はそうした役作りをすることが可能なのか。テレビ解説者の木村隆志氏に聞いた。

「漫画原作映画は、キャラクターの個性が強い分、固定されたイメージのない役者が求められます。本人の個性と役がぶつかり合ってしまうと、見ている方としてはなかなか作品に入り込めませんから。その点で言うと、松山ケンイチさんには、いい意味で象徴的なイメージがありません。ビジュアルや内面も庶民派ですし、どちらかと言えば一般人が親近感を覚えやすいタイプといえます。こうした資質は、漫画原作の作品でキャスティングする上で大事なポイントです。実写化する上でもっとも高いハードルは、原作のファンをいかに納得させるかで、少年漫画の場合はとくに、男性に嫌われる人柄であってはいけません。松山さんは見た目や態度に気取ったところを感じないですし、むしろ友達になりたいと思えるような好人物です。骨太な一面もありますが、時折見せるとぼけた一面は可愛らしく、男性からも好意的に受け止められています。その分、アクの強いキャラクターとのギャップも印象的になり、役者としての魅力にも繋がっているのでしょう」

 演技の面でも、漫画キャラクターに適した資質があるという。

「松山さんの演技は、ひとつひとつの動作の大きさが特徴的です。彼は身長が180cmくらいですが、作品によっては、より大きく見えたり、逆にすごく小さく見えたりします。『セクシーボイスアンドロボ』の須藤威一郎役や『ど根性ガエル』のひろし役を演じていた時はすごく小さな印象を受けましたが、逆に平清盛のような大男になることもできます。声と表情の強弱のつけ方や手の動き、体の使い方などで巧みに演じ分けているのでしょう。『デスノート』で演じたL役では、それが顕著にわかります。また、松山さんは、監督と密にコミュニケーションをとることでも有名です。『松山さんと仕事をするのは楽しい』という監督の発言もよく耳にします。ちょっとした仕草や体の角度などのアイデアは、自分から監督に提案できる方なので、単に漫画のキャラクターをコピーするだけに留まらない演技ができるのでは」

映画「珍遊記」の特報映像が解禁 松山ケンイチさんが一糸まとわぬ姿に? - ねとらぼ

衝撃の実写映画化(関連記事)が発表された「珍遊記」の特報映像が公開されました。

 原作は、「西遊記」に漫☆画太郎さんの濃すぎるオリジナリティーが組み合わさって誕生した伝説的ギャグ漫画。公開された映像では、山田太郎役の松山ケンイチさんが全裸だったり、地面に埋まったり、ドアップの顔芸をしたりと、体当たりの演技を披露。あのマークに描き変えられてしまった東映のロゴにも注目です。


拡大画像 001 松山ケンイチ、実写『珍遊記』でパンイチ坊主頭!「自分ではよく脱げた方」 マイナビニュース

鬼ヶ島おおかわらが脚本に参加、漫☆画太郎の「珍遊記」映画化 - お笑いナタリー
漫☆画太郎のギャグマンガ「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が実写映画化され、脚本に鬼ヶ島おおかわらが参加することがわかった。

この作品の監督は「地獄甲子園」「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」といった数々のマンガ原作ものの映画を手がけてきた山口雄大。主演は松山ケンイチが務め、山田太郎役を演じる。おおかわらは放送作家の松原秀とともに脚本を担当。お笑いナタリーの取材によると、鬼ヶ島のことをよく知らないまま彼らのライブを観に行った山口監督が、そこで展開されていたコントを気に入ったことから、おおかわらへ脚本を依頼したという。

映画「珍遊記」は2月27日(土)より東京・新宿バルト9ほかにて全国公開される。

映画「珍遊記」
監督:山口雄大 
原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社)
脚本:おおかわら / 松原秀
出演:松山ケンイチ ほか
http://chinyuuki.com/

松山ケンイチ、なぜ『珍遊記』主人公に? 漫画原作映画との相性を考察|Real Sound|リアルサウンド 映画部
俳優松山ケンイチ(30)が、来年2月27日公開の映画「珍遊記」に主演することが10日、分かった。90年から週刊少年ジャンプに連載され、累計400万部を記録した人気ギャグ漫画の実写化で、道中では全裸も披露している。

 NHK大河ドラマ「平清盛」の清盛役から、映画「デトロイト・メタル・シティ」のクラウザー様まで、振れ幅の大きなキャラを演じてきた松山が次に挑戦するのは、究極のお下劣キャラだった。演じるのは、懸賞金がかけられるほどの不良少年、山田太郎。「西遊記」を題材にした物語で、更生のため僧侶玄奘と天竺(てんじく)を目指す旅に出る。

 松山がおならで人を吹き飛ばしたり、一糸まとわぬ姿で堂々と街を練り歩く場面もあり、まさに「体当たり」で演じている。尻のドアップも、吹き替えなしで大胆に披露。もともと原作のファンでもあり、「しばらくの間、僕を裸にしてくれる作品がなかったので、受けさせていただきました。自分としてはよく脱げた方だと思う」と、脱ぎっぷりを自画自賛? した。7月に妻の女優小雪(38)が出産し、3児の父となったが、変幻自在のキャラを演じる「カメレオン俳優」ぶりは変わらない。

 メガホンをとるのは、「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」など、実写化不可能といわれた数々の作品を手掛けてきた山口雄大監督。「小学生がパンイチ(パンツ一丁)登校とかしてくれて、PTAから『珍遊記』禁止とかになってくれれば」と、問題作にする気満々? だ。【森本隆】

実写版『珍遊記』の主役にマツケンはおかしいだろ! どう考えてもピッタリな人物が存在した!! | ロケットニュース24
松山ケンイチ、ツルツル頭とパンツ一丁でアレを…映画『珍遊記』公開決定&ビジュアル解禁 - Ameba News [アメーバニュース]

関連記事
映画の関連記事

category: 映画

tag: 松山ケンイチ  松ケン  映画 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。