松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » スポンサー広告 » 映画 »映画「デスノート Light up the NEW world」情報 10月29日ロードショー

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

映画「デスノート Light up the NEW world」情報 10月29日ロードショー  

news_header_deathnote_20161024_11.jpg
藤原竜也&松山ケンイチがデスノートの数に物申す「たぶん新作の続編は32冊」 - 映画ナタリー

藤原竜也&松山ケンイチ:キラとLが10年ぶりそろい踏み 「デスノート」イベントで2ショット披露  - MANTANWEB(まんたんウェブ)

藤原竜也&松山ケンイチ「デスノートがあったから今の自分がある」 : 映画ニュース - 映画.com

藤原竜也と松山ケンイチが10月24日、シリーズ10年ぶりの続編「デスノート Light up the NEW world」の公開を記念し、2人が出演して大ヒットを記録した「デスノート」「デスノート the Last name」(ともに2006年)を一挙上映する都内のイベントに、サプライズで出席した。

藤原がデスノートを利用した大量殺人を犯したキラこと夜神月を演じ、松山がキラを追い詰める世界的名探偵Lに扮した2作は大ヒットを記録。2人はこの日、客席後方から登場し、約500人の観客で満員となった会場を沸かせ、映画公開から10年が経過しても衰えない人気を見せつけた。

松山は10年前を振り返り、「月という存在がものすごかった。僕は新人で竜也さんは当時から百戦錬磨。僕が竜也さんと対峙できるのかということで悩んでいたし、プレッシャーもありました」と本音を吐露。「あの狂気じみた演技は今でも忘れられないし、あれを超える演技を僕は今も見たことがない。10年たった今でも竜也さんに追いつきたいし、追いついた後で思い切り対峙したいというのを目標にしている部分が残っている」と“先輩”に最敬礼だった。

一方の藤原も、「カイジ 人生逆転ゲーム」で松山と共演した際に「松ケンと光石研さんとくだらなくも内容のある話をたくさんして、そこから松山ケンイチという俳優はナチュラルだし品があるし、すごくいい俳優さんだなと気付けた」といい、10年前からの“同志”を称えていた。

「今後共演するなら?」との質問には「相棒みたいな2人は今でもやりたい」という松山に対し、藤原は「やりたいと声を上げるほど脚本って離れていっちゃう。やりたいと言っていたのが違う俳優さんがやっていたり……」と肩を落とすと、松山は「そういうときはデスノートに名前書きますよね?」とニヤリ。藤原が「俺はそんなことしないよ! 松ケンは書く?」と聞き直すと、松山は「書く!」と即答し、客席の笑いを誘った。

最後に藤原が、「僕らの俳優人生のなかでも『デスノート』という作品は非常に大きくて、これがあったから今の自分があると言ってもいいくらい」と思い入れの深さを語ると、松山も深くうなずいていた。


松山ケンイチ『デスノート』出演時は「ダーツバーで働いていた」 藤原竜也との共演を熱望 | エンタメOVO(オーヴォ)

『デスノート』最新作で再共演、松山ケンイチが藤原竜也を絶賛!「あの演技は今でも忘れられない」 | 日刊大衆

松山ケンイチ、「デスノート」続編に光臨!8年ぶりにLを熱演 : 映画ニュース - 映画.com
山崎賢人は疫病神だった?「デスノート」松山ケンイチ登場を原作ファンが大喜び | アサ芸プラス

[藤原竜也]「デスノート」最新作で10年ぶり夜神月に | マイナビニュース

映画『デスノートLNW』L演じる松山ケンイチに続き、藤原竜也が夜神月役として出演決定! - ファミ通.com

「松ケン出るとかこれは見るしか」『デスノート』新作映画に松山ケンイチの“L”復活でファン歓喜!! 気になる“体型”は…|おたぽる

ファンは、「松ケンLもう一度見れんの!?!?」「やったあああああああああああああ」「松ケンL~~;;;;」「きたーーー(^^)ーーー」と大興奮。オリジナルストーリーであることや、それまでは新作映画に興味を示していなかった人も、「デスノ映画は見に行かないと言ったな。あれは嘘だ。松ケンを見に行く」「全然興味なかったけど、急に観たい(笑)」「松ケン出るとかこれはいよいよ見るしか…!」「3分の為に映画館へ行く」と、映画鑑賞を決意するなど、松ケン効果は絶大のようだ。




“L”松山ケンイチ「デスノートLNW」に参戦 8年ぶりの降臨 - BIGLOBEニュース

俳優の松山ケンイチが世界的名探偵・L役で映画「デスノート Light up the NEW world」(10月29日公開)に出演していることがわかった。
◆L役・松山ケンイチの怪演ぶりが話題に

10年前、Lを演じた松山の怪演は大きな話題に。今回の正統続編でも、Lを松山が再び演じる。

LはICPOの要請を受けて、日本の警視庁にキラ事件を解決するために送り込まれた人物で、世界中の迷宮入りしていた数々の難事件を解決してきた天才的な推理力を持った名探偵。真っ白な肌に隈取ったかのようにギョロっとした目、ボサボサの黒髪に痩身猫背で裸足にジーンズ、そして白い長袖のシャツしか着ないという外見が特徴だ。

さらにどんな椅子にも膝を抱える独特の姿勢で座り、常に甘いモノを食べ糖分を異常摂取しているまさに異形の存在。本名・経歴ほか全てが謎に包まれ、日本の警察はもちろん、ICPOや各国の諜報機関も制御できない特別にして唯一の男だ。

松山はその異形の存在を、見事に現実の存在として表現してみせ、その“Lっぷり”で憑依型俳優と強く世間に印象づけた。第30回日本アカデミー賞(2007年)では、「DEATH NOTE」で優秀助演男優賞を受賞。Lは“デスノファン”のみならず、松山自身も思い入れの深いキャラクターだ。

◆松山ケンイチ演じるLが帰ってくる!

今回、松山がLを演じるのは、Lを主人公としたスピンオフ作「L change the WorLd」(2008年)以来、8年ぶり。前作とスピンオフをプロデュースしてきた佐藤貴博プロデューサーは「10年ぶりのデスノートに何とかして松Lにも参加して欲しかった。松ケンには『L change the WorLd』のラスト直前の気持ちで演じてくれと伝えました。さらに、Lをの芝居の裏側に、役者の後輩である池松壮亮への松山ケンイチとしての気持ちも込めてくれと難題もぶつけときました。しっかり込められていたと思います(笑)ファンサービスの気持ちで松山に出演をお願いしたのですが、さすがそれ以上のものを出してくれました!」と語った。

松山も「また久しぶりにLを演じる事が出来てとても嬉しく思っています。なれたのは3分だけでしたが。でもそれ以上なれない位自分にとって心身ともに遠い存在になっていました。このように自分の中のLを探す旅みたいな事が出来たのもこの作品のおかげだと思って感謝しています」とコメントしている。

前作でLは、難敵である月を食い止めるための最期の手段としてデスノートを使用。今まで語られなかった、Lがデスノートを使用したことへの思いが、松山演じるLの言葉として、後継者である竜崎に語られる。それを受けて、竜崎はLを超えることを誓う。(modelpress編集部)







💫松山ケンイチ、新『デスノート』で8年ぶりL役「心身ともに遠い存在になっていた」|ニフティニュース


映画『デスノート Light up the NEW world』本予告 - YouTube

関連記事
映画の関連記事

category: 映画

tag: 松山ケンイチ  松ケン  映画  DEATHNOTE  デスノート 
tb: --   cm: 2

コメント

HNに文字制限かかってましたか(^O^;)わーー
何もしてないんですけどいつの間にか制限が出来たのかもしれません。。。💦

太るのも大変ですが、体重戻すのも大変そうですよね・・・(T_T)
でもプロだからちゃんと戻ってるんでしょうねきっと❤😍

松Lの記事が出て更新を再開した管理人でした😁

松フリ管理人 #- | URL
2016/10/17 17:06 | edit

ふむ。

天才棋士役でかなり太っていましたが、もうすっかり体重は戻ったのでしょうか。
まさかまさかの松L、気になります!
(HNが文字数制限かかって!が入りませんでしたん(^-^;)

ういろうでグッジョブ #vyOXLB1w | URL
2016/10/17 17:02 | edit

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。