松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » スポンサー広告 » 松山ケンイチニュース »「劣化」じゃなかった!松山ケンイチ、役作りで20キロ増量のすさまじい役者魂

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「劣化」じゃなかった!松山ケンイチ、役作りで20キロ増量のすさまじい役者魂  

 10月5日、俳優の松山ケンイチが都内で行われた主演映画「聖の青春」(森義隆監督)の完成披露試写会に登場した。

 同映画は29歳という若さで早世した天才棋士・村山聖の生涯を描いた感動作で、松山は役作りのために20キロも体重を増やしたという。

「一時は役作りとは知らない人たちから『劣化した』『顔がパンパン』などと囁かれ、激太りはネガティブな方向で話題になりました。ルックスを維持するために役作りしない俳優もいるなかで、松山さんには役者魂を感じます」(映画ライター)

 太るのもたいへんだが、その後、体重を元に戻すのも簡単ではない。役作りのためとはいえ健康を損なったり、イメージが大きく変わってしまうリスクもある。

聖の青春 (講談社文庫)
by カエレバ

「役柄に合わせて徹底的な役作りをする『デ・ニーロ・アプローチ』の一種ですね。ロバート・デ・ニーロは役作りのために太ったりやせたり、髪を剃ったりすることで有名です。日本にも『デ・ニーロ・アプローチ』を実践している俳優は多いんですよ」(前出・映画ライター)

 三國連太郎や金田龍之介、松田優作などが役作りのために抜歯したことはよく知られており、特に三國は老人役のために歯を10本抜いたという。渡瀬恒彦が役のために大型バスの免許を取得したことも有名だ。

 最近でも堤真一は髪を抜き、北村一輝がチンピラ役で9本抜歯、鈴木亮平は病人役で20キロやせ、渡辺謙は役柄を掴むためにフォークリフトの免許を取得、宮崎あおいも7キロ増量している。

 それだけのめり込みたくなる役柄に出会えることは、俳優にとって幸運なのだろう。「聖の青春」は11月19日から全国で公開される。松山の熱演に期待したい。

(笠松和美)
「劣化」じゃなかった!松山ケンイチ、役作りで20キロ増量のすさまじい役者魂 – アサジョ

連続ドラマW ふたがしら2 Blu-ray BOX
by カエレバ
関連記事
松山ケンイチニュースの関連記事

category: 松山ケンイチニュース

tag: 松山ケンイチ  松ケン  映画 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。