松ケンフリーク!:松山ケンイチさん応援ファンブログ ホーム » スポンサー広告 » 映画 »映画「DEATH NOTE デスノート 前編」金子修介監督 (2006年)情報

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

映画「DEATH NOTE デスノート 前編」金子修介監督 (2006年)情報  

news_header_deathnote_20161028_10.jpg

デスノート 逆襲の天才 日本テレビ系 2016年10月28日(金)21:00~22:54

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演する「デスノート Light up the NEW world」が10月29日に封切られる。このたび公開前日の10月28日に、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にてシリーズの特別編「デスノート 逆襲の天才」が放送されることが決定した。

「デスノート 逆襲の天才」は、藤原竜也演じるキラこと夜神月と松山ケンイチ扮する世界的探偵・Lが繰り広げる頭脳戦を描いた2部作「DEATH NOTE デスノート」「DEATH NOTE デスノート the Last name」を再構築したもの。月とLのバトルを、東出演じるデスノート対策本部捜査官・三島創と、池松扮するLの後継者・竜崎の視点からつづる。


藤原竜也&松山ケンイチ出演「デスノート」放送、新たな視点で描かれる特別編 - 映画ナタリー

DEATH NOTE デスノート 前編、後編、L change the worLd チェンジ・ザ・ワールド [レンタル落ち] 全3巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
by カエレバ


デスノート

松山ケンイチ 21歳 as L(謎の天才探偵)

総発行部2100万部を突破した大人気少年漫画の映画化。邦画初の試みで「前編」「後編」2つに分けられて公開された。あまりの人気ぶりに「デスノート現象」と呼ばれた。

前編は、観客動員数223万人、興行収入28億円の大ヒットを記録し、2週連続で映画興行ランキング1位となった。



デスノート:アニメ版、1年ぶりにスペシャルで復活(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)8/22放送

DEATH NOTE リライト2 Lを継ぐ者 - 金曜ロードショー

「デスノート」、ハリウッドでリメイクか? : 映画ニュース - 映画のことならeiga.com

▼元の記事 Over 65,000 Watch 1st Death Note Film in U.S. Theaters - Anime News Network
Vertigo Scribbling Death Note Remake - ShockTillYouDrop.com


Variety Japan | 全米デビューの『デスノート』2日で6万5000人動員
9月16日には、映画『デスノート 前編』のDVDが店頭に並ぶこととなり、ビズ・ピクチャーズでは今秋に向けて、『デスノート the Last name』の劇場公開の可能性も探り始めている。



CINEMA TOPICS ONLINE|NYレポ!映画『DEATH NOTE デスノート』全米で公開、L登場で拍手!

金子修介の雑記 "Essay":『デスノート』全米302館(2日限定)で公開中 "Death note" on American theaters - livedoor Blog(ブログ)

金子修介の雑記 "Essay":映画「デスノート」アメリカ劇場公開 - livedoor Blog(ブログ)

「金子監督のブログにもアップされてたので便乗させてください(^^)
チケット購入できるサイトも掲載されてるので、行かれる方はぜひ(笑) 」投稿者:ゆう姉様


日本で大ヒットした映画『デスノート 前編』が、5月に全米300館で華々しくデビューを飾る。米ケーブル・テレビで放送されているアニメ・シリーズの声優による英語吹き替え版による上映で、金子修介監督が米国のファンに作品の魅力を語りかける特別インタビュー映像の“特典付き”で動員を図る。

 上映は5月20、21日午後7時半から、全米300カ所以上の劇場で行われる。英語吹き替え版の本編上映前には、漫画が実写映画に進化するまでのメイキングなどのスペシャル映像のほか、金子監督によるインタビューも上映される。

Variety Japan | 『デスノート』、全米で劇場デビュー!


投稿者:ゆきんこ 様 
「北九州のデスノートの撮影があった美術館に松Lの写真が貼ってあるそうです!!友達が行ってたまたま見たそうです。私も福岡の人間なので行きたい(´;ω;`)まさか北九州で撮影があったとは... 」
映画「デス・ノート」の舞台になりました!
Kitakyushu Municipal Museum of Art 北九州市立美術館

写真が貼ってあるとは知りませんでした。

地下鉄のシーンも福岡市営地下鉄で撮影されたそうです。
私はそのころ福岡におりませんでしたが、エキストラとして参加した大学の友達は、松山ケンイチさんを見かけたそうです。(演技しているところは見ていない)香椎さんがビデオカメラを回して遊んでいたり、大変仲がよい様子だったそうです。

今更ですが、書いてみました。当時、行った方がいましたら、思い出話など聞かせてくださいねd(-∀-。)ネッ

北九州は「ウィニング・パス」のロケ地でもありますので、熱い松友さんは是非福岡に来た際はロケ地めぐりをしてみてはいかがでしょうか。


【管理人の感想】

良くも悪くも、松ケンの名を世に知らしめた、言わずと知れた出世作である。

実写化が決定し、キャストが発表された時期、松ケンの知名度のなさ、ポテンシャルの不明さ、ビジュアルの不一致などから原作ファンは多いに困惑した。しかし、蓋をあけてみれば、杞憂。誰もがほぼ違和感無くLを受け入れたのだ。疑心から一転、評価はうなぎのぼりに上がった。

なぜ成功したのか。その理由を自分なりに考えてみた。

第一に松ケンは顔の造作が非常に整っているが、なぜか髪型で印象が全く変わることができるのだ。装飾栄えするというのか。元々モデル出身だからなのか、どんなものでもよく似合う。Lメイクにしてもそうだ。下手をしたら舞台化粧のようなメイクも、ギリギリの所で現実とフィクションの境に属している。また、素顔は大変立派な眉毛をお持ちでいらっしゃるが、今回その眉を薄くている。松ケンの特徴だが、目の下のくま(?)を目立たせるためか。

第二に、徹底的に記号を利用した点。よく「漫画は記号だ」と言われるが、逆に「Lという記号」(独特の物の持ち方、座り方、指のしゃぶり方など)を映画に用いることで、現実には存在しない「L」というキャラクターを、観客に存在するかの如く思わせることができた。

第三に、ビジュアルの徹底的な模倣と増幅。さまざまなお菓子を並べ立て、Lの「甘い物好き」という特徴を強調させる。これでますます観客は松ケンをLだと認識する。無愛想なLだが、お菓子が並びまくっているのでなんとなく可愛さがあり、観ているものを和ませる。

第四に、感情を出さない発声。元々、原作のLは黒目に光が無く、感情が目に出るようには描かれていない。人間味を出ない台詞回しで良かったと思う。

最後に松ケン自身の並々ならぬ役柄への意欲が成功への鍵だったと思う。金子監督は「彼の輝きと想像力にかけてみた」と仰っていたが、見事に結果がでた作品だ。

お勧め度 ★★★★★


・ココリコミラクルタイプに田中L登場
・衝撃!日テレものまね番組で山崎邦正がデスノートを…
・「デスノート the Last name」 関連 You Tube動画集
松山ケンイチさんの“L”-デ・ビュー編集部Blog
デスノート 前編 | シネマスクランブル



Lお菓子リスト

・くすんだ茶色のチュッパチャップス
・板チョコ
・カップデザート
・フルーツはメロン、さくらんぼ、みかん
・角砂糖タワー(6個まで成功・7個目で崩壊)
・紅茶に角砂糖を投入→チュッパチャップスでマドラー。
・キャラメルポップコーン
・いちごショート(クリームのみ)
・お菓子の串刺しA…Lが最初持っていた方
 上から プチシュークリーム、エクレア、ミニドーナツ、バウムクーヘン、ブラウニー
・お菓子の串刺しB…Lが総一郎にあげた方
 上から 黄色いデニッシュ・パイ系のお菓子(要確認)、綿あめ、
ピンクのマシュマロ、ドーナツ、チョコミニドーナツ、バウムクーヘン
・ゼリービーンズ
・パフェ(手をつけず)
・チョコレート(金紙にくるまれている ハーシーのキスチョコ?)



Story
死神のノート「デスノート」を、将来を期待されるひとりの天才・夜神月が入手する。そして、その日を境に、世界の犯罪状況は一変してしまう。犯罪者を裁く法に限界を感じた月は、世の中を変えるため、謎の殺人犯「キラ」として、ノートの力で凶悪犯を次々と粛清していく。
その一方で、この奇妙な連続殺人事件を調査する警察が注目する人物がいた。警察を裏から指揮し、数々の難事件を解決してきた世界的名探偵「L」である。 Lはキラが日本にいると断定し、偽の生放送を流してキラが関東地方にいることまでを特定する。
公式ホームページ
DEATH NOTE デスノート (スペシャルプライス版) [Blu-ray]
by カエレバ
関連記事
映画の関連記事

category: 映画

tag: 松山ケンイチ  松ケン  映画  DEATHNOTE  デスノート  L 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mtsuken.blog84.fc2.com/tb.php/72-4643ab61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全記事表示する

記事カレンダー

おススメ記事

リンク

松ケン画像集

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。